1. 支給対象者(個人)は、雇用契約を結んだ後、1ヶ月以内に道外人材確保奨励金等予備審査依頼書(様式1)(以下「依頼書」という。)を次の各号に掲げる書類とともに、北海道に提出してください。
    • (1)雇用事業所が作成した就業証明書兼口座振替申出書(様式2)※就業先が作成
    • (2)労働条件通知書など従事する業務の内容や就業場所が分かる書類の写し
    • (3)住民票の写しその他住所又は居所を証する書類
    • (4)振込先口座の預金通帳の写し(金融機関名、本支店名、店番号、口座の種別、口座番号、口座名義(カナ)の記載されているページ)など口座情報の確認できる書類
    • (5)外国籍の者にあっては、国籍、在留資格、在留期間等が確認できるパスポート及び在留カードの写し
    • (6)雇用事業所が公共職業安定所等に登録していた本事業の周知を含む求人票(支給対象者(個人)が雇用された日以前にも有効な求人であったもので、対象職種のものに限る。)
    • (7)公共交通事業者等が発行する領収証その他移動費を負担した者の氏名や交通機関の種別、利用日、利用区間、金額などが明らかとなっている書類(ただし、居所から勤務場所までの往路の移動費については、雇用された日前3日から勤務初日までに要した費用であって、支給対象者(個人)が自ら負担した費用に限る。)
  2. 北海道は、依頼書及び添付書類を審査し、支給資格の有無を決定するとともに、道外人材確保奨励金 予備審査結果通知書(様式3)により支給対象者(個人) に通知します。
  3. 支給対象者(個人)は、前項に規定する通知書により支給資格がある対象職種に60時間従事した後、令和4年(2022年)10月31日までに道外人材確保奨励金等支給申請書(様式4)(以下「支給申請書」という。)に必要事項を記入の上、出勤簿の写しその他就業の事実が確認できる書類を添えて、北海道へ申請してください。ただし、第1項に規定する依頼書を提出する際に、同項第7号の移動費のうち、復路の移動費に関する領収証等を提出していない場合は、当該領収書等を添えて申請することができます。
  4. 北海道は、支給申請書を審査し、支給の可否を決定し、道外人材確保奨励金等支給決定通知書(様式5)又は道外人材確保奨励金等不支給決定・支給決定取消通知書(様式6)により、電子メール等で支給対象者(個人)に通知します。
  • 申請書チェックシートで定める書類を申請書類とともに提出してください。
  • 必要に応じて追加書類の提出および説明を求めることがあります。
  • 書類の不備や確認に時間を要した場合は、給付までに時間を要することもあります。
  • 申請書類の返却はいたしません。申請書類提出時には、必ず控えをとり保管ください。
  1. (注1)持参による申請は一切受け付けておりません。
  2. (注2)令和4年10月31日の消印まで有効です。
  3. (注3)切手を貼付の上、裏面には差出人の住所および氏名を必ず記載してください。
  4. (注4)送料は申請者側でご負担願います。

支給申請書受付期間
 令和4年7月20日~10月31日(消印有効)※提出期限を過ぎた支給申請書は受付できません ※雇用日から1ヶ月以内(消印有効)に予備審査依頼書(様式1)
及び就業証明書兼口座振替申出書(様式2)を提出する必要があります

申請書類は以下からダウンロード(PDF・Excel)いただけます。
またPC環境がない方は、就職先より入手してください。

奨励金・支援金の支給までの主な手続きは次のとおりです。

道外人材確保奨励金等 予備審査依頼書(様式1)
及び申請書チェックシート

就業証明書 兼 口座振替申出書(様式2)
※就業先が作成してください

郵送先

〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西7丁目1-5

TKP札幌ホワイトビル カンファレンスセンター6F6D
道外人材確保緊急支援事業 事務局